2014.12.28

伊紙『ガゼッタ』が平均採点から2014年のセリエAベスト11を選出

ベストイレブン
『ガゼッタ』紙が発表した平均点で選ぶ2014年のベスト11 [写真]=Getty Images

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、2014年のベストイレブンを発表した。

 セリエAの試合翌日、10点満点でその試合を評価する同紙は、リーグ戦15試合以上に出場した選手を対象に平均点を算出。そこから、できる限り選手が実際にプレーするポジションから選ぶことを条件に、4-3-3のフォーメーションでベストイレブンを選出した。

 ベストイレブンには、2013-14シーズンのセリエA得点王で、今夏にドルトムントへ移籍したイタリア代表FWチーロ・インモービレや、出場した32試合で最高平均点の「6.70」を記録したユヴェントスのアルゼンチン代表FWカルロス・テベスが名を連ねた。GKには、アタランタに所属するマルコ・スポルティエッロの「6.47」や、ジェノアに所属するイタリア代表マッティア・ペリンの「6.41」をわずかに上回った、ユヴェントスのイタリア代表ジャンルイジ・ブッフォンが選出されている。

 平均点ベストイレブンは以下のとおり。

■『ガゼッタ・デッロ・スポルト』による平均点ベストイレブン(数字は平均点)

▼GK
ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス) 6.48点

▼DF
マイコン【右SB】(ローマ) 6.33点
ジョルジョ・キエッリーニ【左SB】(ユヴェントス) 6.17点
メディ・ベナティア【CB】(ローマ・現バイエルン) 6.29点
ダニエレ・ルガーニ【CB】(エンポリ) 6.19点

▼MF
ラジャ・ナインゴラン(ローマ) 6.56点
クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス) 6.45点
ポール・ポグバ(ユヴェントス) 6.44点

▼FW
チーロ・インモービレ(トリノ・現ドルトムント) 6.56点
カルロス・テベス(ユヴェントス) 6.70点
パウロ・ディバラ(パレルモ) 6.47点

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る