FOLLOW US

古巣への移籍が決定的のトーレス、復帰戦はマドリード・ダービーか

ユヴェントス戦に出場したミランのFWトーレス(左)[写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードへの移籍が確実となっている、日本代表FW本田圭佑が所属するミランのFWフェルナンド・トーレスが、来年1月7日に行われるレアル・マドリードとのマドリード・ダービーに出場する可能性があると25日、スペイン紙『As』が報じた。

 トーレスは、アトレティコ・マドリードのFWアレッシオ・チェルチとのトレードでミラン退団が決定的に。クリスマス休暇を終えて29日にはアトレティコ・マドリードに合流し、1月7日に行われるレアル・マドリードとのコパ・デル・レイに出場する見通しであると同紙は伝えている。

 アトレティコ・マドリードは、保有権を持つチェルシーとレンタル先のミランとすでに交渉を終え、レンタル移籍で合意。レンタル期間は1年半となる模様だ。

 トーレスは今夏の移籍市場でチェルシーからレンタル移籍し、2年間の期限付き契約を結んでいた。セリエA初挑戦となった今シーズンは第4節のエンポリ戦で初ゴールをマークしたもののその後は不発。10試合の出場で1ゴールと期待を裏切る結果に終わっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO