2014.12.24

インテル時代のバロテッリ、モウリーニョとの会議よりF1観戦を優先

モウリーニョ
モウリーニョ監督(右)がバロテッリ(左)とのエピソードを披露 [写真]=Getty Images

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、かつてインテルを率いていた時期のイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(現リヴァプール)とのエピソードを明かした。イギリス紙『デイリーメール』がコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は、2008年から2010年まで指揮を執っていたインテルでバロテッリを指導。当時のエピソードを以下のように明かした。

「我々は面白い問題を抱えていたよ。話し合いをするために、私は彼を午後2時のオフィスに呼び出したんだ。そして彼に電話をしてみると、彼はフォーミュラ1の予選を観に行っていた。日曜日の本戦に向けた、土曜日の予選にね」

「彼は後日、『あなたのオフィスで話し合うことは毎日できるけど、イタリアでフォーミュラ1を観る機会は年に1回だけだ』と言っていたよ。私は笑うしかなかった」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る