FOLLOW US

アジア杯に向けミランを離脱する本田に指揮官「不在はとても大きい」

ローマ戦に先発出場したミランのFW本田圭佑 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 セリエA第16節が20日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランは敵地でローマと対戦した。

 開始早々、本田がミドルシュートでゴールを脅かす場面もあったが、GKモルガン・デ・サンクティスの好守に阻まれる。スコアレスで迎えた後半、DFパブロ・アルメロが2枚目のイエローカードで退場。数的不利に陥ったミランは、本田を下げてDFアレックスを投入する。試合終了間際には、ジェルヴィーニョにゴール前でシュートを放たれるピンチを迎えたが、GKディエゴ・ロペスがファインセーブを見せる。最後までローマの猛攻に耐え、0-0で試合は終了。年内リーグ最終戦を白星で飾ることはできなかったが、2位ローマ相手に貴重な勝ち点1を手にした。

 試合後、フィリッポ・インザーギ監督は「この2試合、私は満足感でいっぱいだ」と語り、チームを離れる本田について言及した。クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 インザーギ監督は、「リーグか開幕して約3カ月が経過したが、ナポリやローマを相手に見せた戦いぶりは大きな満足の理由のひとつだ」とチームの成長に喜びを示し、奮闘を見せた守備陣についても「批判の対象となることが多かったディフェンスに関しても、素晴らしい仕事をした。直近4試合で1失点しかしていない」と評価した。

 2014年のラストマッチを終え、改めて首位争いをするユヴェントスローマを「本当に素晴らしい」称える指揮官は、「我々も多くのチームを相手に3位争いをしなくてはならない」と意気込んだ。

 そして、日本代表としてアジアカップに臨むためチームから離脱する本田については、「本田の不在はとても大きい。彼はすべての点において素晴らしい3カ月を過ごしてきたからね。(イニャツィオ・)アバーテ、(マッティア・)デ・シリオ、アレックス、(アディル・)ラミが離脱しているときと同じようにやらなくてはならない。出場する選手たちが上手くやれば、選手の不在を嘆く必要はないんだ」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO