FOLLOW US

本田、ミドル弾でゴール脅かすも最低タイの評価「見せ場はそれだけ」

ローマ戦に先発出場したミランのFW本田圭佑(右)[写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 セリエA第16節が20日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランは敵地でローマと対戦した。

 開始早々、本田がミドルシュートでゴールを脅かす場面もあったが、GKモルガン・デ・サンクティスの好守に阻まれる。スコアレスで迎えた後半、DFパブロ・アルメロが2枚目のイエローカードで退場。数的不利に陥ったミランは、本田を下げてDFアレックスを投入する。試合終了間際には、ジェルヴィーニョにゴール前でシュートを放たれるピンチを迎えたが、GKディエゴ・ロペスがファインセーブを見せる。最後までローマの猛攻に耐え、0-0で試合は終了。年内リーグ最終戦を白星で飾ることはできなかったが、2位ローマ相手に貴重な勝ち点1を手にした。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。73分までプレーした本田に対しては、チーム最低タイの「5」を付け、「開始わずか数秒でデ・サンクティスに放ったシュートはセーブされてしまったが、見せ場はそれだけだった。13回ボールを失い、そこから素早いローマのカウンターに繋がることもあったが、ローマはそれを活かすことができなかった。ローマを苦しめることができたであろう前線でのいくつかのプレーが、ミランのスピードを緩めてしまった」と評価した。

 チーム最高点はD・ロペスで「7」、本田と同様に「5」を付けられたのは退場したアルメロだった。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA