2014.12.19

リーグ戦5試合ぶり勝利…ベニテス監督「ベストを尽くせと命じた」

ベニテス
ナポリを率いるベニテス監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第16節が18日に行われ、ホームでパルマと対戦したナポリは2-0で勝利を収めた。リーグ戦5試合ぶりの白星を手にしたナポリのラファエル・ベニテス監督がコメントを残している。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。

 ベニテス監督は、パルマ戦でアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインをベンチスタートにした理由について「我々にとって必要不可欠な選手だが、今はドゥバン(・サパタ)の状態の方が良い」と話し、22日に行われるユヴェントスとのスーペルコッパを見据えての采配ではなく、コンディションの問題であることを明かした。

 さらに、試合に関してベニテス監督は「選手には最後の最後までベストを尽くせと命じた。いくつかの落とし穴が隠されていると分かっていたからだ。ミラン戦との違い? 今日はすぐにリードを奪うことができ、それで全てが容易なものとなった」と主張。6試合連続ノーゴールに終わったスペイン代表FWホセ・カジェホンについては「良くやっていたが、いくつかの場面ではもう少しエゴを抑える必要があった」と語った。

 また、スーペルコッパに向けては「2014年で最も重要な試合。タイトルのかかった一戦だからだ」と述べていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る