2014.12.15

伊紙、本田への採点伸びず「今季序盤の輝きを取り戻せなかった」

本田圭佑
ナポリ戦にフル出場したミランのFW本田圭佑 [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは14日、セリエA第15節でナポリと対戦し、2-0で勝利を収めた。この結果、3位ラツィオと勝ち点差2の6位に浮上している。



 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。6試合ぶりにフル出場した本田には、チーム最低点の「5.5」をつけている。

 同紙は本田のプレーについて、「今シーズン序盤の明確なプレーと輝きを今回も取り戻せなかった。最初の45分は傍観しているだけで、後半は多少アグレッシブになったが14回のパスミスや21回のボールロストなど、ほとんど正確ではなかった」と評価している。

 チーム最高点を獲得したのはジャコモ・ボナヴェントゥーラで、「7.5」の採点が与えられている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る