2014.12.15

ナポリ撃破を喜ぶインザーギ監督「チームを誇りに思う」

フィリッポ・インザーギ
ナポリ戦でピッチの選手たちに指示を出すインザーギ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第15節が14日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでナポリと対戦し、2-0で勝利を収めた。この結果、3位ラツィオと勝ち点差2の6位に浮上している。

 試合後、2試合ぶりの白星を飾ったフィリッポ・インザーギ監督がイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応じ、以下のようにコメントしている。

 インザーギ監督は「3位は当然狙っている。野心を持たない訳にはいかない。持っているものすべてを出す」と力強く語ると、「チームを誇りに思っている。正当なパフォーマンスを見せた。こういった試合は、チームを成長させるのに重要なもの。素晴らしい戦いを見せた選手には高い評価が与えられて当然だ」と内容に満足感を示した。

 さらに「今シーズン、闘うスピリットが見られなかったのは、ジェノアでの後半の戦いだけ。我々は巻き返すことができると分かっていたし、1カ月間、良いサッカーをしていた。ようやく、厳しいトレーニングが報われ、結果が出た。今夜の試合は、成長するために有益だ」と続けた。指揮官は、「(シルヴィオ・)ベルルスコーニ名誉会長は野心家であるが、私もそうだ。だが、私は年内中に3位に入ることを願いつつ、チームを成長させるためのことを考えなければならない」と話し、ひとまず選手たちのパフォーマンスを称えた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る