FOLLOW US

ラツィオのロティート会長、ユーヴェのマロッタGMを侮辱し罰金処分

ラツィオのロティート会長(左)とユーヴェのマッテオGM(右) [写真]=Getty Images

 ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が、ユヴェントスのゼネラルマネージャーを務めるジュゼッペ・マロッタ氏を侮辱したとして、1万ユーロ(約148万円)の罰金の支払いをFIGC(イタリアサッカー連盟)によって命じられた。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が4日に伝えている。

 ロティート会長は、今年9月26日に開かれたリーグの代表者会議で、ユヴェントスのマロッタ氏を侮辱。「マロッタとの問題は、片方の目がビリヤードの玉のように遊び、もう一つの目は別のところを差している」と発言し、斜視であるマロッタ氏の容姿を罵っていた。

 また、FIGCはラツィオにも同様の額の制裁金の支払いを命じてる。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA