2014.11.25

ローマ、トッテナムのラメラ復帰を画策か…インテルやユーヴェも興味

ラメラ
ローマが復帰を画策していると報じられたラメラ [写真]=Getty Images

 ローマが、トッテナムのアルゼンチン代表FWエリク・ラメラの獲得を画策している。24日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

 ラメラはローマに所属した2012-2013シーズンにセリエAで15得点を記録。2013年夏には2800万ユーロ(約40億円)の移籍金でトッテナムに移籍した。しかし、移籍1年目の昨シーズンはプレミアリーグで9試合に出場して無得点で終了。今シーズンも既に11試合に出場しているが、得点は挙げていない。未だに本領を発揮できず、トッテナム加入時の移籍金を下回る額で放出される可能性が浮上している。

 ラメラに対しては古巣ローマのほか、日本代表DF長友佑都のインテルやナポリ、ユヴェントスも関心を示しており、今冬の移籍市場での各クラブの動向に注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る