2014.11.25

伊代表ペッレ、“イケメン度”では「C・ロナウドより僕の方が上」

ペッレ(中央)の比較対象にあがったジョージ・クルーニー(左)とC・ロナウド(右) [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンのイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレが、著書の中でレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドより、自身の方が男性として魅力的だと語った。24日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など各紙が報じている。

 女性からの人気が高く、フェイエノールト時代には、ロッテルダム中の小学生の間で“ペッレ・ヘアー”が流行するなど、容姿端麗なことで知られるペッレ。今夏に移籍したサウサンプトンでの活躍もあり、29歳にしてイタリア代表デビューを飾った。

 代表選出により人気はさらに出ているようだが、自著「ペッレが語る1000の質問」の中でペッレは「ペッレとC・ロナウド、魅力的なのはどっち?」という質問に対し、「僕だよ。クリスティアーノはかっこいいけど、僕の方が背が高いしね」と答え、人気の高いC・ロナウドよりも自身の方が格好いいと主張している。

 さらに、「もし自身の映画を撮るとしたら、ペッレ役にふさわしいのは誰?」と問われると、「ジョージ・クルーニーさ。彼はエレガントだからね!」と述べ、有名なハリウッド俳優が自身を演じるにふさわしい存在であると語った。

 サッカーの話題では「自身のと比較できるサッカー選手は誰?」と訊かれると、「ズラタン(・イブラヒモヴィッチ)だね。もちろん、僕が彼と同じくらいいい選手だとは言わないけど、彼みたいにプレーしているつもりだ」と語り、空中戦の強さ、身体を張ったポストプレー、ラストパスなど、自身のプレースタイルがパリSG所属のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチから影響を受けていることを明かしている。

 イタリアでは大きな成功を収められず、不遇の時間を過ごすこともあったペッレだが、オランダとイングランドでの活躍、そしてイタリア代表に選ばれたことで、プレーでもプライベートでも大きな自信を手に入れたようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る