2014.11.24

痛み分けのダービー…ミランコーチ「持っている力を出し切った」

本田,ドド
1-1の痛み分けとなったミラノダービー [写真]=Getty Images

 セリエA第12節が23日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランは、DF長友佑都が所属するインテルとの“ミラノ・ダービー”を戦い、1-1で引き分けた。試合後、ミランのマウロ・タソッティ・アシスタントコーチが『ミラン・チャンネル』のインタビューに応えた。

 タソッティ氏は、1-1の痛み分けとなったダービーを振り返り「大きなチャンスと成り得るはずだった。我々が持っている力をすべて出し切った。我々はまずまずの試合をし、再びリードを奪うためにチャンスも作ったが、間違いを犯してしまった。試合は拮抗していた。我々だけが勝利に値していたと言うことはできない」と、全力を尽くしたものの勝ち点3を得られなかったことを悔やんでいる。

 続けて各選手の評価について、「(ステファン・)エル・シャーラウィは(ジャコモ・)ボナヴェントゥーラよりも攻撃的な選手で、本田とともにボールをキープすることでチームを助けることができる。(フィリップ・)メクセスもサンプドリア戦で、素晴らしいプレーをしていたので、今日の試合も準備ができていると我々は分かっていた。試合では誇り高きプライドを見せてくれた。(アディル・)ラミに関しては(不慣れな)サイドバックを務め、より信頼を与えてくれて満足している」と語った。

 ベンチ入りした主将のMFリッカルド・モントリーヴォについては「彼はキャプテンであり、我々にとって重要な選手だ。多くのポジションをこなし、試合への出場は近い。試合に出場するための脚力を取り戻すためにテストをさせる予定だ」と述べ、試合復帰が近いことを明かしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る