2014.11.24

伊紙採点、インテル長友は失点シーンで「森に身を潜めていた」

長友佑都
デ・シリオとボールを奪い合う長友(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第12節が23日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、日本代表MF本田圭佑が所属するミランとの“ミラノ・ダービー”に臨み、1-1で引き分けた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。フル出場した長友には「5.5」の評価が与えられている。

 また、同紙は「ジャングルの中のジャポネーゼ。ナガトモは、ミランに先制点を喫した0-1の場面で森に身を潜めていた。ボールに引きずられ、ポジショニングと方向を失った。4バックへ移行した結果、両サイドがより苦しんでいる。それでも、試合の経過とともに良くなっていった」と、長友のプレーについて記している。

 インテルの最高評価は、同点ゴールを奪ったナイジェリア代表MFジョエル・オビの「6.5」。一方、最低評価はクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチの「5」となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る