2014.11.24

ダービー先発落ち、結果を求められる本田「惜しいじゃ意味がない」

本田
結果を残すことの重要性を語った本田(中央) [写真]=Getty Images

 セリエA第12節が23日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランは、DF長友佑都が所属するインテルとの“ミラノ・ダービー”を戦い、1-1で引き分けた。試合後、本田がインタビューに応えている。

 1月のミランに加入後、初めてのダービーをベンチスタートで迎えた本田は、「本当であれば先発で出たかった。今日は監督が控えという決定を下したので、個人的には悔しいが、ここ4試合ぐらいで結果を出せなかったことが響いていると思う。そこはしっかりと受け入れて、今後コンディションに気をつけながら、次の試合へ向けていい準備をしたいと思う」と、先発落ちに悔しさをにじませた。

 73分からと、短い出場時間の中でもチャンスを作ったことについて、「あそこで決めていれば次は確実に(先発を)取れた。前の選手は惜しいじゃ意味がないと思っているから、結果を出さないといけない。ただ”惜しい”となった試合に関しては、結果を出す時よりも実際には多いわけで、繰り返しああいったプレーを続けるしか試合に出られる方法はない」と述べ、少ないチャンスをものにして、結果を残すことが必要だと主張している

 現役時代はフォワードとして、常に結果を残してきたフィリッポ・インザーギ監督については、「結果を出せという感じですよね。監督はいつも”ケイ(本田のこと)、ゴールしろ”と言うんで。それに応えたいなと思って、いつも試合に出ている」と語り、「特に重要な試合でのゴールは、よりエキサイティングなゴールになる。いつもそういう時のために準備している。あのたった一本のシュートを決めるか決めないかの差であって、そこを決めるために毎日、一生懸命練習している。日々、精進していかなければならない」と、今後は決定力に磨きをかけ、再び先発の座を勝ち取ることを誓った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る