2014.11.22

シェフチェンコ氏、ダービー語る「両者にとってターニングポイント」

シェフチェンコ
ミラノダービーについて語ったシェフチェンコ氏 [写真]=Getty Images

 23日にセリエA第12節、日本代表FW本田圭佑ミランと、DF長友佑都インテルが対戦する“ミラノ・ダービー”が行われる。この試合を前に、ミランで活躍した元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏が、ダービーについて語った。22日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。

 自身も経験したミラノ・ダービーについてシェフチェンコ氏は「このプレッシャーがたまらないんだ。この試合が両チームにとってのターニングポイントになるだろう。インザーギも選手時代みたいに興奮しているだろうね」と語り、2トップを組んだ相方フィリッポ・インザーギ監督の試合前の様子を推測した。

 現在のミランインテルの両クラブについて同氏は、「今は心電図の下の方にいるようなものだよ。心臓は脈を打つだろう、上下に。サッカークラブもそういうものだよ。ミランインテルもまたトップに戻れるはずさ」と述べ、両クラブの復活を予想したが、「どちらもこのダービーから再スタートを切らなくてはならないね。どちらのクラブが勝ち点3に値するのかを示さなくてはならない」と、今回のダービーは、どちらのクラブがビッグクラブに戻るのにふさわしいかを決めるものになると語っている。

 ミランのスクデットの可能性を問われると「ユヴェントスローマの強さが抜きに出ていることに疑いの余地はない。でも3位なら狙えるかもしれない。もちろんナポリは前を走っているし、インテルもレースに戻るだろうけどね」と語り、優勝は現実的ではないものの、3位争いには十分に加わることが出来ると評した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る