2014.11.11

バロテッリの招集理由語るコンテ監督「スポンサーのためではない」

アントニオ・コンテ
記者会見に出席したイタリア代表のアントニオ・コンテ監督 [写真]=Getty Images

 イタリア代表のアントニオ・コンテ監督は10日に記者会見を行い、自身の体制になってから初めて招集したリヴァプールのFWマリオ・バロテッリについて見解を語った。イタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 今夏の移籍市場で、日本代表FW本田圭佑が所属するミランからリヴァプールに移籍したバロテッリは、今シーズンのプレミアリーグで無得点。そのため、今回のサプライズ招集に、イタリア代表のスポンサーでバロテッリが使用するスパイクのメーカーである『プーマ』社のために招集したとの憶測が流れてたが、コンテ監督はこれを完全に否定した。

 バロテッリの招集理由について、「マリオ・バロテッリは、(アレッシオ・)チェルチと同じようにイタリアのサッカーの財産だ」と語り、「代表に招集されたことが、スポンサーのためであるとの考えは馬鹿げている。噂は好きではない。選手をテストし、評価することが正しいものだ」と説明している。

 イタリア代表は、16日に行われるユーロ2016予選でクロアチア代表と、18日には国際親善試合でアルバニア代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る