2014.11.03

ミラン撃破のパレルモMFマレスカ「イタリアのサッカーは危機にある」

ミランの本田(左)に詰めるパレルモのマレスカ(右) [写真]=Inter/Getty Images

 パレルモは2日に行われたセリエA第10節で日本代表FW本田圭佑が所属するミランと対戦し2-0と勝利を収め、2連勝で今シーズンの3勝目を飾った。パレルモの中盤を支えたイタリア人MFエンツォ・マレスカが試合後にイタリアメディア『Rai』のインタビューに答えている。

 マレスカはミランに勝利した同試合を振り返り、「アウェーで0-2の勝利を収める時は、相手が覇気がなかったと感じられがちだ。パレルモは最高の試合をし、勝利に値する内容を見せた。チームをよくやったと称えたい」とコメントし、チームの健闘を高く評価した。

 さらに、スペインのセビージャやギリシャのオリンピアコスでプレーした経験を持つマレスカはイタリアのサッカー界について言及。「2006年のワールドカップ(ドイツ大会)で優勝したことで、イタリアのサッカーが危機にあることを覆い隠してしまった。やるべきことはたくさんある。ゼロからリスタートする必要があるが、イタリアのサッカーにバラ色の未来が待っているとは思えない」と言明し、不振が続くサッカー界に警鐘を鳴らした。

 パレルモは次節、9日にウディネーゼをホームに迎えて対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る