2014.10.31

好調ラツィオ、敵地でヴェローナとドロー…リーグ5連勝ならず

空中で競り合うデ・フライ(左)とトーニ(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第9節のヴェローナ対ラツィオが30日に行われ、1-1の引き分けに終わった。

 リーグ戦4連勝で5位に位置するラツィオは、前節のトリノ戦で決勝点を決めたミロスラフ・クローゼをベンチに置き、得点ランキング4位(5得点)のフィリップ・ジョルジェヴィッチを1トップの位置で起用。一方、2連敗中の10位ヴェローナは、ラファエル・マルケスとルカ・トーニのベテランコンビが先発入りを果たした。

 互いにやや慎重な入りとなったが、時間の経過と共にホームのヴェローナが効果的な攻めを見せる。開始9分に右サイドからカットインしたニコラス・ロペスが左足のシュートを放つ。さらに21分、エミル・ハルフレドソンの絶妙なフィードに反応したトーニがゴール前に抜け出しゴールネットを揺らすが、このゴールはオフサイドの判定で取り消しとなった。

 一方、前半の終盤に入ってボールポゼッションを高めたラツィオは、40分過ぎにアントニオ・カンドレーヴァが続けてシュートシーンを作ると、42分に相手のミスから先制点を奪った。右サイドでカンドレーヴァの入れた低いクロスをエヴァンゲリス・モラスがまさかのクリアミス。こぼれ球にいち早く反応したセナド・ルリッチが右足で押し込んだ。

 後半はリードを許したヴェローナが立ち上がりから攻勢を強めた。シンプルに最前線のトーニを使うヴェローナは、そのトーニが続けざまに決定機を迎えるも、シュートが相手GKの正面を突くなど同点ゴールには結びつかない。

 互いに交代カードを2枚ずつ切って迎えた後半の半ば、今度はラツィオの不用意なファウルからヴェローナに同点ゴールが生まれる。69分、ルイス・ペドロ・カヴァンダがボックス内でフアニート・ゴメスの腕を掴んで倒し、ヴェローナにPKが与えられる。これをトーニがゴール左隅に決めた。さらに、このファウルで2枚目のイエローカードをもらったカヴァンダが退場となり、ラツィオは残り時間を10人で戦うこととなった。

 その後は数的優位のヴェローナが逆転を目指すも、粘り強いラツィオの守備をなかなか崩せない。対してラツィオは、試合終盤にクローゼを投入し、勝ち越しを狙った。だが、互いに攻め手を欠き、試合はこのまま1-1でタイムアップ。リーグ5連勝を逃したラツィオだったが、10人での戦いを考えれば、敵地での勝ち点1獲得はまずまずの結果と言えるだろう。

【スコア】
ヴェローナ 1-1 ラツィオ

【得点者】
0-1 42分 セナド・ルリッチ(ラツィオ)
1-1 69分 ルカ・トーニ(ヴェローナ)

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る