2014.10.30

終了間際に劇的決勝弾…インテルのイカルディ「とても重要な得点」

イカルディ
決勝点を挙げたイカルディ [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都のインテルは29日、セリエA第9節でサンプドリアと対戦し、1-0で勝利。今シーズン無敗をキープしていたサンプドリアに土をつけた。

 89分、2試合連続となるPKを沈めて決勝点を挙げ、劇的勝利をもたらしたインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディがイタリアメディア『Sky』のインタビューに答えている。

 今シーズンの得点数を5に伸ばしたイカルディは「全員にとって重要なゴールになった。チームにとって、そして自分たちの仕事を続けていくうえで重要なものだ。これからは(11月1日の第10節)パルマ戦について考えたい」と語った。

 古巣サンプドリアから得点を挙げたことについては、「サンプドリアというチームが自分を活躍させてくれたが、サンプドリアからのゴールも他のゴールと変わらないものだ」とコメントした。

 そして、「批判には耳を傾けていない。ロッカールームの外に追い払っている。ただ勝ち続けなければならない。ブーイングは、インテルを良くしたくない者の行為だ。真のサポーターは90分間、チームのために歌い続ける者だ」と語り、試合中のブーイングは受け入れられない行為であると強調している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る