FOLLOW US

下部組織出身のミランDFデ・シリオ「いつかキャプテンになりたい」

ユヴェントス戦に出場したミランのDFデ・シリオ(右)[写真]=VI Images via Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのイタリア代表DFマッティア・デ・シリオが、今後の目標を語った。イタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 レアル・マドリードからの関心が報じられているデ・シリオは、「噂が本当ならば嬉しいことだが、僕には将来の計画があるんだ」と話し、「そのひとつは、いつかミランのキャプテンになることだ」と、ビッグクラブからの関心に喜びを見せながらも、10歳のころから過ごすミランへの想いを明かした。

 デ・シリオは、「このチームのリーダー的な存在である(クリスティアン・)アッビアーティや(ダニエレ・)ボネーラ、(リッカルド・)モントリーヴォのような経験豊富な選手から色んなことを学ぼうとしている」と語ると、「自分の価値を証明して、トロフィーを獲得するために、ここでプレーしていきたい」とミランでの活躍を誓った。

 2011-12シーズンにトップチームへの昇格を果たしたデ・シリオは、当時を振り返り、「他の選手と比べて、僕はレンタルで外にでることもなく、トップチームでプレーすることができた。僕が成長できるチャンスを与えてくれたアッレグリに感謝しなければならない」と、昨シーズン途中までチームを率いたマッシミリアーノ・アッレグリ前監督に感謝を示した。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO