2014.10.18

チェルシー退団を語るトーレス「モウリーニョは残留を望んだが」

フェルナンド・トーレス
今季からミランでプレーするF・トーレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF本田圭佑のミランに所属するスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、チェルシーを退団した理由について語った。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。

 チェルシーは今夏、スペイン代表FWジエゴ・コスタや元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバといった新ストライカーを獲得。一方でトーレスは、2年間のレンタルでミランに移籍した。

 チェルシーで3年半を過ごしたトーレスは、同クラブを去った理由とミランを新天地に選んだ理由について以下のように語っている。

「僕がチェルシーを去ることを決めた。(ジョゼ)モウリーニョとは尊重し合っていたが、クラブは新しいストライカーを買ったんだ。将来について監督とは頻繁に話をしていたし、彼はロンドンに残ることを望んでいた。しかし、僕は新しい刺激を必要としていたんだ」

「ある日、ミラノから電話が届いた。期待通りのオファーを受けたよ。僕のキャリアにとって特別な瞬間だったね」

「僕は変化を必要としていた。スタメンを保証してくれるチームを探していたんだ。他のチャンスもあったが、僕を真剣に欲してくれたミランを選んだよ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る