2014.10.05

伊紙、直接FK弾の本田に最高タイの評価「常にプレーに参加した」

本田圭佑
直接FKを決め、チームメイトと喜ぶミランのMF本田圭佑(中央)[写真]=Getty Images

 セリエA第6節が4日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランキエーヴォと対戦し、2-0で勝利した。先発出場した本田は直接FKを決めるなど全得点に絡む活躍を見せ、4試合ぶりの勝利に貢献している。



 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを評価。サリー・ムンタリの先制点を演出し、78分には自ら直接FKを叩き込んだ本田には、チーム最高点タイの「7」を与えた。

 同紙は、本田のプレーについて「今シーズン4点目のゴールはミランの(1点差という)恐怖を払拭したFK。スタートはゆっくりだったが次第に動きが増し先取点に絡んだ。常にプレーに参加した」と記した。

 本田と同じく「7」を与えられたジェレミー・メネズがマン・オブ・ザ・マッチに選出。シュートを放ちながらも、決定力を欠いたフェルナンド・トーレスに、チーム最低点の「5」が与えられている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る