FOLLOW US

同点弾アシストの本田は及第点…伊紙「蚊のようにつきまとわれた」

チェゼーナ戦に先発出場した本田(中央) [写真]=Getty Images

 セリエA第5節が28日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはチェゼーナとアウェーで対戦し、1-1で引き分けた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを評価。同点ゴールをアシストし、75分に途中交代した本田を「6」と採点した。

 同紙は本田のプレーについて「レンゼッティに煩わしい蚊のようにつきまとわれた」と説明。また、「跳ね返されたFKやゴールをアシストしたCKなど、セットプレーからミランのチャンスを作り、戦術的な問題により終了15分前にピッチを後にした」と記した。

 なお、最高点はミランのイタリア人MFジャコモ・ボナヴェントゥーラと、チェゼーナのイタリア人FWグイド・マリルンゴに与えられた「6.5」となっている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA