FOLLOW US

ブッフォンのPKストップでユーヴェが無失点を継続、開幕5連勝

2ゴールでチームの勝利に貢献したテベス [写真]=Getty Images

 ユヴェントスはセリエA第5節でアタランタの本拠地アトレティ・アズーリ・ディタリアに乗り込み、3-0で勝利した。

 ユヴェントスは3日前に行われた前節チェゼーナ戦を3-0で快勝し、セリエA記録となる無失点での開幕連勝を4試合に伸ばした。その試合のスタメンから2選手を変更。セバスティアン・ジョヴィンコとロベルト・ペレイラに代えてカルロス・テベスとポール・ポグバを先発に戻し、チャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリード戦を控えるなか現状のベストメンバーを送り出した。

 立ち上がり、積極性を見せたアタランタに対し、ユヴェントスは徐々に押し込んでポゼッションを高め、ピッチを大きく使った攻撃でアタランタを自陣に貼り付けていく。しかし、守備ブロックを形成し、身体を張った応対を見せるアタランタ相手にユヴェントスはなかなかシュートに持ち込めない。そしてアタランタのカウンターにけん制される場面も散見された。

 そんななか27、28分とテベスが個人技で立て続けにGKマルコ・スポルティエッロを強襲するシュートを放つ。それでもアタランタの守備網を攻略するには至らなかったユヴェントスだったが、35分に均衡を破る。フェルナンド・ジョレンテのスルーパスに反応したステファン・リヒトシュタイナーがボックス右から折り返し、最後はテベスが押し込んだ。

 前半終盤にかけてはユヴェントスがボールを保持して試合をコントロール。すると41分、ポグバのシュートのルーズボールをジョレンテがヘッドで合わせる決定機を迎えたが、シュートは枠を捉えきれなかった。そのままユヴェントスが1点をリードして前半を終えた。

 迎えた後半、立ち上がりからポゼッションを高めるユヴェントスが攻勢をかける。開始4分、マルセロ・エスティガリビアを下げてサルヴァトーレ・モリーナをそのまま右サイドに投入したアタランタに対し、ユヴェントスがボールを保持した。

 しかし58分、リッチモンド・ボアキエの胸での落としに反応したモリーナを、ジョルジョ・キエッリーニがボックス内で倒してPKを献上。だが、キッカーのヘルマン・デニスが枠の右に放ったグラウンダーのシュートを、GKジャンルイジ・ブッフォンが横っ飛びでセーブする。リードを保ったユヴェントスは直後の59分、追加点を挙げた。ボックス手前左でボールを持ったテベスのミドルシュートがGKスポルティエッロの手を弾いてゴール左に吸い込まれた。

 引き続きポゼッションするユヴェントスは、余裕を持って時間を進める。そして、アトレティコ戦を見据えて後半半ばにジョレンテとアルトゥーロ・ビダルを下げ、アルバロ・モラタとR・ペレイラを投入。すると危なげなく試合を運ぶユヴェントスは83分、ボックス右からR・ペレイラが上げたクロスをモラタが頭で押し込んで3-0とした。クリーンシートで終えたユヴェントスは開幕からの無失点試合と連勝を5に伸ばしている。

(記事/超ワールドサッカー)

【スコア】
アタランタ 0-3 ユヴェントス

【得点者】
0-1 35分 カルロス・テベス(ユヴェントス)
0-2 59分 カルロス・テベス(ユヴェントス)
0-3 83分 アルバロ・モラタ(ユヴェントス)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO