FOLLOW US

ウディネーゼ指揮官、テレオーを称賛「インテルの時も獲得を望んだ」

ラツィオ戦で決勝点を挙げたテレオー(中央) [写真]=Getty Images

 ウディネーゼは25日、アウェーで行われたセリエA第4節のラツィオ戦で、1-0と完封勝利。今シーズン3勝目を挙げ、単独3位に浮上した。

 試合後、ウディネーゼのアンドレア・ストラマッチョーニ監督が、イタリアメディア『Sky』のインタビューで試合を振り返った。

 ストラマッチョーニ監督は、「試合に臨むメンタリティが重要だった。チームは大きく成長した。後半はリスクを冒すことなく、しっかりと守ることができた」と話し、「今日出場した選手は華麗なプレーを見せてくれた。(シリル)テレオー、(ルイス)ムリエル、(イバン)ピリスは特に素晴らしかった」と、選手たちを称えた。

 そして、決勝点を挙げたテレオーについて「インテルの時も彼の獲得を望んでいたんだ。(ディエゴ)ミリートの代役としてね。彼のことはずっと高く評価していた。1トップとしても、トップ下としても素晴らしいクオリティを持っている選手だ」と話し、インテルを指揮していた時に獲得を欲していたことを明かしている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA