2014.09.25

3試合未勝利と低迷のナポリ指揮官「とにかく落ち着きが必要だ」

暫定10位と低迷しているナポりを率いるベニテス監督 [写真]=Getty Images

 ナポリは24日、セリエA第4節で昇格組のパレルモをホームに迎え、3-3の引き分けに終わった。3試合未勝利で暫定10位と低迷するナポりを指揮する、ラファエル・ベニテス監督の試合後のコメントをイタリアメディア『Rai』が伝えている。

 暫定10位という現状にも「落ち着きが必要だ」と話したベニテス監督は、「我々は2度リードを奪ったが、PKを決められ、退場が出たことで試合が上手く運ばなかった。もっと上手くリードが活かされるべきだった」と、撃ち合いの末のドローに悔しさを滲ませた。

 さらに、「昨シーズンのチームは素晴らしい戦いを見せていた」と昨年との比較を口にした同監督は、次のように今年のチームにおける改善点を言明している。

「昨シーズンはとても攻撃的なサッカーをしていたが、一方で今シーズンは守備の面で何かしら改善が必要だということが今日、見てとれた。とにかく落ち着くことが必要だよ」

 昨シーズンを3位で終えたナポリは、今シーズンも優勝争いを演じることが期待されていたが、現時点で首位を走っているユヴェントスとローマとは、既に勝ち点8の差が開いている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る