2014.09.24

フィオレンティーナ、FWマリオ・ゴメスが3週間の負傷離脱へ

マリオ・ゴメス
負傷離脱を強いられることとなったマリオ・ゴメス(右) [写真]=Getty Images

 フィオレンティーナは22日、同クラブに所属するドイツ代表FWマリオ・ゴメスが右足の大腿部を負傷したと発表した。

 クラブの公式サイトによれば、ゴメスは21日に行われたセリエA第3節のアタランタ戦にフル出場したものの、大腿部に重度1の負傷を抱えたとのことだ。全治は約3週間となるという。

 フィオレンティーナでは、今月初旬にイタリア代表FWジュゼッペ・ロッシが右ひざの手術を受け、最大で5カ月の長期離脱を強いられている。そして、今回はゴメスが負傷。2人のストライカーを欠き、24日に行われるセリエA第4節ではサッスオーロと対戦する。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る