2014.09.23

フィオレンティーナのM・ゴメスが負傷…約3週間の離脱か

戦列を離れることとなったM・ゴメス [写真]=Getty Images

 フィオレンティーナのドイツ代表FWマリオ・ゴメスが21日のセリエA第3節アタランタ戦で右太ももを負傷。約3週間に渡り戦列を離れることが分かった。イタリア紙『トゥットスポルト』が22日に伝えている。

 同紙によると、ゴメスは屈筋の損傷と診断された模様だ。

 ゴメスは昨年9月15日に行われたセリエA第3節のカリアリ戦で右足のじん帯を負傷。長期離脱からの復帰後も、3月23日に行われた第29節のナポリ戦で、左ひざのじん帯を負傷し、再び長期離脱を余儀なくされていた。

 フィオレンティーナは、イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシも離脱中。8月14日のトレーニング中に右ひざを負傷し、手術が必要との診断を受けた。このため年内中の復帰は難しいものと予想されている。

 2人の主力FWを欠くことになったフィオレンティーナは24日にサッスオーロとホームで対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る