FOLLOW US

開幕3連発ならずのミラン本田、伊紙は及第点「守備に奔走した」

競り合う本田 [写真]=Getty Images

 セリエA第3節が20日に行われ、開幕2試合連続ゴール中のMF本田圭佑の所属するミランは、リーグ戦4連覇を狙うユヴェントスと対戦。ホームで0-1の敗戦を喫した。

 試合を受け、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、出場各選手のプレーを評価。3試合連続で先発出場し、83分までプレーした本田を、「6」と採点した。

 同紙は本田のプレーについて、「(ステファン)エル・シャーラウィとともに2人のウインガーはハードワークを強いられ、守備や相手へのマークに奔走しなければならなかった。そのため、一息入れる時間もなく危険な攻撃を仕掛けることはできなかった」と解説。27分の本田が放ったヘディングシュートにも触れ、「それでもホンダは、頭でユーヴェのゴールを脅かしたが、(ジャンルイジ)ブッフォンの素晴らしいセーブに阻まれた」と記した。

 ミランでの最高点はコロンビア代表DFクリスティアン・サパタの「6.5」。最低点は、フランス代表FWジェレミー・メネズとイタリア代表DFマッティア・デ・シリオ「5」だった。なお、マン・オブ・ザ・マッチは、「7」の採点がついたユヴェントスのイタリア代表MFクラウディオ・マルキージオが選出された。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO