FOLLOW US

伊紙、途中交代のインテル長友に及第点「守備に注意を払った」

サッスオーロ戦に先発出場したインテルDF長友佑都(左)[写真]=Getty Images

 セリエA第2節が14日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとサッスオーロが対戦。マウロ・イカルディがハットトリックを達成するなど、大量7得点を挙げたインテルが、サッスオーロを7-0で下した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを採点。右サイドハーフで先発出場し62分までプレーした長友には、チーム最低タイとなる「6」(最高点10、最低点1)を与えた。

 同紙は長友のプレーについて「しばしばゲームから外れていたのは、ほとんど左サイドからゲームを組み立てていたチームメイトから少し放置されていたためだ。守備に注意を払った」と寸評を記した。

 チーム最高評価を得たのは、ハットトリックを決めたイカルディで、採点は「8」であった。一方、フアン・ジェズス、サミール・ハンダノヴィッチ、イブライマ・エムバイェの3選手には長友と同じくチーム最低点となる「6」が与えられた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA