2014.09.10

副会長を務めるサネッティ氏、インテルのアンバサダーに就任か

インテルのアンバサダーへ就任する可能性を明かしたサネッティ氏 [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルを昨シーズン限りで引退し、現在は同クラブで副会長を務める元アルゼンチン代表DFハビエル・サネッティ氏が、同クラブのアンバサダーに就任する可能性があることを明かした。
 
 サネッティ氏はアルゼンチンのスポーツ紙『Ole』のインタビューで、自身の胸中を言明。アンバサダー就任への用意がある意向を次のように示している。

「(エリック・)トヒル会長は、中国、日本、インドネシア、シンガポール、オーストラリアでのインテルのブランド力拡大を望んでいるんだ。私がアンバサダーになるだろう。私はチームのそばにいたい。特に、若手にこのチームのユニフォームを纏う意義を教えるために、チームのそばにいたいんだ」

 現在41歳のサネッティ氏は、1995年に母国のバンフィエルドからインテルに加入して以来、19年に渡ってプレー。1999年からは同クラブのキャプテンを務めていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る