2014.09.07

ユヴェントス、1月の移籍市場でスペイン代表MFマタの獲得を検討か

マタ
今年1月にマンチェスター・U移籍を果たしたマタ [写真]=Getty Images

 イギリス紙『デイリーミラー』は6日、ユヴェントスが2015年1月の移籍市場でマンチェスター・Uに所属するスペイン代表MFフアン・マタの獲得に動く可能性を報じた。

 同紙は、ユヴェントスが半年のレンタルに、買い取りオプションが付随したオファーを検討していると伝えている。

 マタは今年1月の移籍市場でチェルシーから3710万ポンド(当時のレートで約62億5000万円)の移籍金でマンチェスター・Uに加入し、チームが低迷する中、プレミアリーグで6ゴール5アシストという成績を残していた。

 マンチェスター・Uは、今夏の移籍市場でアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアやコロンビア代表FWラダメル・ファルカオなどのビッグネームを補強。チームの強化に成功したが、同紙によれば、マタはチームの積極補強で自身のチーム内での序列が下がることに危機感を覚えているという。

 マタは現在、2014‐15シーズンのプレミアリーグ全3試合で先発出場し、1得点を挙げている。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る