FOLLOW US

2得点に絡んだイタリア代表デ・ロッシ「素晴らしい姿勢で臨めた」

2得点に絡む活躍を見せたデ・ロッシ [写真]=Getty Images

 イタリア代表は、4日に行われた国際親善試合でオランダと対戦し、2-0で勝利を収めた。試合後、チームの2点目を記録したローマ所属のイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシがコメントを残している。イタリアメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 イタリアは3分、デ・ロッシのロングフィードに抜け出したドルトムント所属FWチーロ・インモービレがGKとの1対1を制して、早々に先制点を記録した。さらに10分には、サッスオーロ所属FWシモーネ・ザザがボックス内で倒されてPKを獲得。これをデ・ロッシが冷静に沈めた。イタリア代表は最後まで2点のリードを守り切り、アントニオ・コンテ監督の初陣を勝利で飾ることに成功した。試合後、デ・ロッシはチームのパフォーマンスを振り返っている。

「チームは素晴らしい姿勢で試合に臨むことができたね。パスワークで相手を崩すシーンも見られた。今日のチームからは、特定のフットボールのスタイルを定着させようという姿勢が見て取れたね。ただ、これは親善試合だ。相手はオランダだったし、勝つことは簡単ではない。だけど、コンテはチームが今後も高いモチベーションを持つことを求めているんだ」

 今回のオランダ戦では、負傷のために招集を見送られたユヴェントスMFアンドレア・ピルロに代わり、デ・ロッシが守備的MFのポジションに入った。今日のパフォーマンスについて問われたデ・ロッシは、以下のように答えている。

「このポジションでプレーするのが好きなんだ。ここ数年、このポジションでプレーしてきた。他にも2、3のポジションをこなすことを求められている。どれも適応できていることに満足しているよ。ピルロが戻ってくることを楽しみしている。彼はチームのマスターだからね」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA