FOLLOW US

オランダ撃破のイタリア、コンテ監督が手応え「どこまでも成長する」

初陣のオランダ戦を快勝で飾ったコンテ監督 [写真]=Getty Images

 イタリア代表は4日、バーリで行われたオランダ代表との国際親善試合で、2-0と完封勝利を収めた。

 初陣を白星で飾ったアントニオ・コンテ監督が勝利を振り返った。イタリアメディア『Rai』のインタビューでコメントしている。

「結果はさておき、選手たちの反応に関心があった。パフォーマンスや要求に応じる力、闘志といったものはポジティブなものだった。選手からは、『何かしら大きなことをやってやろう』という意欲が見て取れた。まだ道のりは長いが、こういった試合が自信を与えてくれる。我々は戦術の基本を得るためにかなり濃密なトレーニングを6度行い、スタートを切った。選手は素晴らしく適応していた。ベテランと、重要な選手となれる若手が融合すれば、チームはどこまでも成長するだろう。勝利がまた勝利を助ける」

「(チーロ)インモービレと(シモーネ)ザザのFWのお互いの理解は、とりわけ驚かされるものではなかった。(マッティア)デストロと(セバスティアン)ジョヴィンコもうまくプレーしていたよ。これからは、水曜日(9日)のノルウェー戦に向けて疲れをとらなければならない。とても難しい相手だ。(マルコ)ヴェッラッティは現在も未来も重要な選手となれる。ただ、彼のポジションには素晴らしいMFがいる。(ダニエレ)デ・ロッシはとても素晴らしい試合をした。そして、こういった選手を成長させる(アンドレア)ピルロもいる。私はヴェッラッティをセントラルMFだと見ている。なぜなら、ウイングは、敵陣深くに切り込んでいって欲しいからだ」

 幸先の良いスタートを切った新生イタリア代表は、9日に敵地オスロでノルウェーとのユーロ2016予選に臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA