FOLLOW US

インテルMFコヴァチッチ代理人が明言「バルサのオファーがあった」

バルサからのオファーが明かされたMFコヴァチッチ [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチの代理人を務めるニッキー・ヴクサン氏が、バルセロナからオファーがあったことを明かした。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が3日に伝えている。

 同紙によると、ヴクサン氏は「コヴァチッチの最初のシーズンのパフォーマンスがビッグクラブを引き付けた。だが、(エリック・)トヒル会長はバルサのオファーを拒否したんだ」と話すとともに、フロントの意思を以下のように明かした。

「フロントは私に、コヴァチッチに賭けていると言ったんだ。マッツァーリ監督も今シーズン、コヴァチッチに賭けている。勝利したストヤルナン戦で3点も取っていれば、彼に賭けることも明快なことだよ」

 現在20歳のコヴァチッチは、2013年にディナモ・ザグレブからインテルに加入。昨シーズンはセリエAで32試合に出場し4ゴールを記録する活躍を見せ、ブラジル・ワールドカップに臨むクロアチア代表のメンバーにも選出されていた。

 なお、同紙はバルセロナが推定2500万ユーロ(約34億円)のオファーを提示したと伝えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA