2014.08.25

移籍報道のモナコFWファルカオが残留を示唆「ここに残りたい」

ラダメル・ファルカオ
残留を示唆したモナコFWファルカオ 写真=Getty Images

 モナコは、24日に行われたリーグ・アン第3節でナントと対戦し1-0で勝利した。この試合で決勝ゴールを挙げたコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、試合後のインタビューで加熱する移籍報道に対して残留を示唆するコメントをしている。フランスのテレビ局『カナル+(プラス)』が伝えた。

 ここまで開幕から2連敗を喫してきたモナコ。ファルカオは苦しい状況の中、嬉しい今季初勝利に関して「今夜は本当に重要な勝利だ。なぜならナントのような素晴らしいチームを相手にしたからだ」と答えた。

 続けて、複数のクラブが獲得を目指していると報道される去就問題に対し「僕の未来?モナコで上手くいってるよ。僕はここに残りたいんだ」と残留を示唆した。

 ファルカオには、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後釜を探していたリヴァプールや、そのリヴァプールへの移籍が秒読みとなったイタリア代表FWマリオ・バロテッリの代わりとなるFWの補強を急ぐ日本代表MF本田圭佑所属のミランユヴェントスなどが獲得に興味を示してきたが、一旦残留となる見通しとなった。

 しかし25日付のイタリア紙『トゥットスポルト』によるとこの残留は一時的なもので、上記のクラブに断りを入れた理由は、長く噂されているレアル・マドリード移籍を実現させるためだとされている。

 移籍市場が閉まるまで1週間を切り、どの様な結果が訪れるか注目されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る