2014.08.22

長友所属のインテル、コロンビア代表MFグアリンをゼニトに放出か

グアリン
ゼニト移籍の可能性が浮上したインテルのグアリン[写真]= Inter/Inter via Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのコロンビア代表MFフレディ・グアリンが、ロシアのゼニト・サンクトペテルブルクに移籍する可能性が高くなっていることが分かった。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が21日に報じている。

 グアリンの代理人を務めるマルセロ・フェッレイラが同日にインテルの幹部と会談。ヴァルテル・マッツァーリ監督の構想外となっているとみられるグアリンの去就について話し合いを行った模様だ。ゼニトのアンドレ・ヴィラス・ボアス監督が獲得を強く望んでおり、グアリンがオファーを受け入れてくれるように説得を行ってるという。そのグアリンは移籍を望むマンチェスター・Uからのオファーをも待ちながら、ゼニトのオファーを検討しているところのようだ。

 グアリンは2012年1月にポルトからインテルに加入。昨シーズンのセリエAでは31試合に出場し4得点をマークした。コロンビア代表としては51試合のキャップ数を誇り、ブラジル・ワールドカップでも活躍。グループリーグ最終戦の日本代表戦では、試合後にインテルのチームメイトで仲の良い長友を抱擁し励ましていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
チェルシー
25pt
マンチェスター・U
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
ライプツィヒ
23pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る