2014.08.21

悪童の後釜は悪童か…リヴァプールがバロテッリ獲得交渉へ

マリオ・バロテッリ
リヴァプールへの移籍が噂されるバロテッリ(左) [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールは21日、日本代表MF本田圭佑が所属するミランのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ獲得に向け、交渉を開始した。同日、イギリスメディア『BBC』などが一斉に報じた。

 今夏、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスをバルセロナに放出したリヴァプール。日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンからイングランド代表FWリッキー・ランバートを獲得したが、ブレンダン・ロジャース監督は前線の更なる補強を希望し、パリSGのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニや、モナコのFWラダメル・ファルカオらとともにバロテッリも獲得候補に挙がっていた。

 20日付けのイタリアメディア『ANSA』は、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は「現時点ではバロテッリに対するリヴァプールのオファーは受けていないので交渉は無い。9月1日に市場が閉まるまで、どうなるか見てみよう」と話していたが、バロテッリの代理人ミーノ・ライオラ氏がロンドンに到着し、すでに交渉を行っていると報じている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る