FOLLOW US

バルサ撃破のナポリ指揮官「CLプレーオフに向け士気が高まった」

プレシーズンマッチでバルセロナと対戦したナポリ [写真]=Getty Images

 6日にスイスのジュネーヴで行われたバルセロナとのプレシーズンマッチに1-0と勝利を収めたナポリのラファエル・ベニーテス監督が、試合後にイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに答えた。

 強豪バルセロナを相手に勝利を収めた試合後、ベニーテス監督は「バルサを倒すのは士気を高めるのに有益となるものだ。チャンピオンズリーグ・プレーオフが開催される19日のためにトレーニングし、準備しなければならない。バルサはテクニックを見せ、ボールをキープした。一方、我々はディフェンスが良い仕事をし、良いカウンターを放つことができた」と語ると、称賛した守備の中で素晴らしい働きをした新戦力のU-20フランス代表DFカリドゥ・クリバリについて触れ「クリバリのようなディフェンダーを手にしたことは大きい」とコメントした。

 出番を与えなかったエースのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインについては「ちょっと疲労がたまっていた。試合にでる準備が整ってなく、リスクを冒したくなかった。チャンピオンズリーグ・プレーオフでは試合にでるだろう。まずは様子を見ようじゃないか」と言明している。

 なお試合は、スイス代表MFブレリム・ジェマイリが80分にゴール。リオネル・メッシネイマールら主力を欠いたバルセロナであったが、CLプレーオフを2週間後に控え、自信が高まる勝利を収めた。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA