FOLLOW US

ミランFWロビーニョ、古巣サントス移籍に向け前進か…代理人が示唆

ミラン所属の元ブラジル代表FWロビーニョ [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランの元ブラジル代表FWロビーニョが、古巣サントスへの移籍に前進していることが分かった。5日、イタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ロビーニョの代理人を務めるマリーサ・アリージャ・ラモス氏はブラジル・メディア『Lance』のインタビューに答え「交渉は前進している。この数時間で大きく進展した。サントスに復帰する可能性はとても高い」と言明した模様。

 一方、イタリア紙『コッリエーレ・デッロ・スポルト』は、ロビーニョが、1年間のレンタルでサントスに移ると報じており、ロビーニョの放出で補強資金を調達したミランは、トリノのイタリア代表FWアレッシオ・チェルチの獲得に乗り出すことができるという。ただし、チェルチにはモナコも獲得に乗り出しており、ミランは争奪戦に打ち勝つために2000万ユーロ(約27億4000万円)の移籍金とチェルチに支払う年俸250万ユーロ(約3億4000万円)を提示しなければならないとみられている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA