FOLLOW US

ミラン、昨季レンタル加入のMFターラブト再獲得を画策か

2014年1月にレンタル移籍でミランに加入したターラブト [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランが、昨シーズンの後半戦にレンタル移籍で加入したQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)のモロッコ代表MFアデル・ターラブトの再獲得を目指している。7月31日、イタリア・メディア『Sky』が報じた。

 同メディアによると、ターラブト自身がミランへの復帰を希望しているため、同クラブが獲得に乗り出す方向にある。QPRは、移籍金の要求額を630万ポンド(約10億円)にまで下げており、わずかではあるが、さらに額を下げる可能性もあるという。また、この数日の間にはミラン副会長のアドリアーノ・ガッリアーニ氏が、QPRと接触していることも報じられている。

 25歳のターラブトは1月31日、昨シーズン終了時までのレンタル移籍でQPRから加入。移籍後はセリエAで14試合に出場して4得点を挙げた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA