2014.07.24

インテル、サウサンプトンからFWオスヴァルド獲得へ…伊紙報道

オスヴァルド
インテルの移籍が決定的となったオスヴァルド [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、同代表DF吉田麻也所属のサウサンプトンから元イタリア代表FWパブロ・ダニエル・オスヴァルドを獲得することが確実となったようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が23日に報じている。

 同紙によると、インテルはすでにオスヴァルド本人と基本合意に達しているようで、現在はサウサンプトンとの本格的な交渉に入っている模様だ。

 オスヴァルドは今年1月に、完全移籍のオプションが付くレンタル移籍でユヴェントスに加入したものの、オプションが行使されずサウサンプトンへ戻ることとなった。しかし、同クラブのロナルド・クーマン新監督の構想からも外れており、クラブを退団することは決定的と見られていた。

 28歳のオスヴァルドは、2006年に母国アルゼンチンのウラカンから、イタリアのアタランタへ移籍。以降は、フィオレンティーナ、ボローニャ、エスパニョール、ローマなどを渡り歩き、2013年夏にサウサンプトンに加入していた。また、生まれはアルゼンチンながら、代表ではイタリアを選択しており、14試合の出場で4得点を記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る