2014.07.21

インテル、チリ代表MFメデルの獲得が難航…本人とは移籍合意か

メデル
チリ代表の一員としてW杯でも活躍を見せたメデル [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのテクニカル・ディレクターを務めるピエロ・アウシリオ氏が、カーディフ所属のチリ代表MFガリー・メデルの獲得交渉が難航していることを明かした。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、20日に伝えている。

 同紙によると、アウリシオ氏は「メデルの獲得にはいくつかの障害がある」と話しており、移籍交渉の難航を言明。インテルによる700万ユーロ(約9億6000万円)のオファーに対し、カーディフは900万ユーロ(約12億3000万円)を要求していると見られ、両クラブには移籍金において開きがあると見られている。さらに、イタリアメディア『Sky』では、カーディフはメデルを1000万ユーロ(約13億7000万円)以下で手放す意向はないと伝えられている。一方で、メデル本人とは移籍合意に達していると見られており、交渉難航はクラブ間における移籍金問題の模様だ。

 インテルが獲得を試みているメデルは、2013-14シーズン、所属するカーディフで国内リーグ34試合に出場。全ての試合で先発出場を果たしている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る