2014.07.20

イタリア代表FWチェルチを巡る争奪戦、インテルが一歩リードか

チェルチ
複数クラブからの獲得興味を報じられているチェルチ [写真]=Getty Images

 トリノ所属のイタリア代表FWアレッシオ・チェルチは、日本代表DF長友佑都が所属するインテルを、移籍先として最も良い候補だと考えているようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』が19日に伝えている。

 同紙によると、チェルチには複数のクラブが獲得の興味を示しており、インテルの他にも、日本代表MF本田圭佑が所属するミランやローマ、ユヴェントスなどによる争奪戦が予想されていた。しかし、ローマはヴェローナからアルゼンチン人FWフアン・マヌエル・イトゥルベを獲得、ユヴェントスは監督の交代などによって、チェルチ獲得への興味を薄めていると見られている。

 そこで、ヨーロッパの舞台に出場することを望んでいるチェルチは、チャンピオンズリーグだけでなくヨーロッパリーグへの出場権をも逃したミランではなく、ヨーロッパリーグへの出場権を確保したインテルを自身の移籍先において最有力候補として考えている模様だ。

 26歳のチェルチは2013-14シーズン、所属するトリノで国内リーグ37試合に出場し、13得点を記録。トリノは勝ち点57を獲得し、7位でシーズンを終了している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る