FOLLOW US

アシュリー・コールがローマ入団会見「全てを勝ち取るために来た」

ローマ入団会見に臨んだアシュリー・コール(左) [写真]=Getty Images

 チェルシーを退団し、ローマへ加入した元イングランド代表DFアシュリー・コールが15日、入団会見に臨んだ。

 アシュリー・コールは、「プレッシャーは恐れていない。この挑戦への覚悟はできている。ローマは野心のあるクラブだ。タイトル獲得に向けて進みたい。興奮しているよ。カンピオナート(セリエA)を制することを願っている。全てを勝ち取るために来た」と、抱負を語った。

 そして、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督については、「モウリーニョ監督とは常に良い関係にあった。だが、時が経つにつれて、自分が彼のプロジェクトに役立たなくなってしまった」と、明かし、「イングランドの選手は、国外でプレーすることを不安に思っている。自分の家に留まることで、しばしば容易な選択をしているんだ。ローマでの冒険は、ロンドンの外に出て、新しい生活スタイルに自分自身が直面するチャンスだった」と語り、新たな環境での挑戦に意欲を示した。

 アシュリー・コールは1980年生まれの33歳。アーセナルの下部組織出身で、トップチーム昇格後、2006年までプレーした。同年にチェルシーへ移籍し、数々のタイトル獲得に貢献。2013-2014シーズンはプレミアリーグで17試合出場にとどまり、シーズン終了後に退団を表明、ローマ加入が決定した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA