2014.07.14

元アルゼンチン代表FWクレスポ氏、パルマ下部組織の新指揮官に就任

エルナン・クレスポ氏
パルマの100周年記念イベントに参加したエルナン・クレスポ氏 [写真]=Getty Images

 パルマは13日、元アルゼンチン代表のエルナン・クレスポ氏が、下部組織のプリマヴェーラ(20歳以下の下部組織)の新監督に就任したとクラブ公式サイトで発表した。現地時間16日の11時に就任会見が行われる予定となっている。



 クレスポ氏の監督就任に伴い、プリマヴェーラの監督を13-14シーズンまで3年間に渡り務めていたファウスト・ピッツィ氏は、その下のカテゴリーであるアッリエーヴィ・ナツィオナーリの監督に就任している。

 クレスポ氏は現役時代、パルマに1996-2000、2010-2012シーズンの間所属し、2位アルベルト・ジラルディーノ氏の50得点、3位ジャンフランコ・ゾラ氏の49得点を大きく上回るクラブ歴代最多の72ゴールをマークしている。2012年にパルマで現役引退後も本拠地のパルマで家族と共に生活を続け、指導者ラインセンスを取得。昨年12月には、クラブ創設100周年を記念したイベントで、クラブ最優秀選手に選出されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る