2014.06.11

インザーギが監督就任のミラン、下部組織監督後任はOBのブロッキ

ブロッキ
元ミランのブロッキ(中央)が下部組織監督に就任(写真は2008年当時) [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑の所属するミランの、ユース部門ディレクターを務めるフィリッポ・ガッリ氏は10日、下部組織プリマヴェーラの新監督に元イタリア代表MFクリスティアン・ブロッキ氏が就任したことを発表した。

 ブロッキ氏は、2013-14シーズンにアッリエーヴィ・プロフェッシオニスティ(シーズンが始まる年の1月1日に15歳になっていない選手で構成)の指揮官を務めており、内部昇格となった。

 ミランは9日、プリマヴェーラの指揮官を務めていたフィリッポ・インザーギ氏が、トップチームの監督に昇格したことを正式発表。ブロッキ新監督はインザーギ氏の後任となる。

 ガッリ氏は、「フィリッポ・インザーギのことを嬉しく思う。彼がこのような道を歩むことは分かっていた。とても気を引き締め、学ぶ意欲を持っている。トップチームでも良い結果が出せる大きなチャンスを得た。彼は決意を持ち、やってやろうという気持ちを抱いている」と語ると、ブロッキについては、「優秀な指揮官となるためのあらゆるカードを持っている人物」と続け、将来が嘱望された監督であると太鼓判を押している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
アトレティコ・マドリード
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る