2014.06.10

レアルとインテルのOB戦開催…ジダンやサネッティら得点でドロー

ジダン
OB戦でダクール(左)と競り合うジダン(右) [写真]=Real Madrid via Getty Images

「コラソン・クラシック・マッチ」が8日、サンチャゴ・ベルナベウ(レアル・マドリードの本拠地)で開催され、レアル・マドリードとインテルのOBチームが対戦した。

 レアル・マドリードOBチーム(レアル・マドリード・レジェンド)は、元スペイン代表DFフェルナンド・イエロ氏、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏、元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏らが先発出場。一方、インテルOBチーム(インテル・フォーエバー)は、今シーズン限りで現役を引退した元アルゼンチン代表DFハビエル・サネッティ氏や、元コロンビア代表DFイバン・コルドバ氏、元イタリア代表GKフランチェスコ・トルド氏らが先発メンバーに名を連ねた。

 先制点はレアル・マドリードOBが奪った。18分、左サイドでパスを受けたジダンがドリブルでペナルティーエリアへ進入すると、左足シュートでニアサイドを破り、ゴールネットを揺らした。先制を許したインテルも反撃。25分、ペナルティーエリアの手前でボールを持ったサネッティが右足を振り抜くと、スライス気味にカーブがかかった強烈なミドルシュートを突き刺した。前半は1-1で終了した。

 後半に入り、勝ち越しに成功したのはレアル・マドリードOBだった。65分、右サイドへヘスス・ベラスコのクロスをイヴァン・ペレスが頭で合わせた。しかし、粘るインテルOBは78分、サネッティが右サイドから上げたクロスボールに、ランプロス・フートスが反応。ファーサイドから長距離のヘディングシュートを決めて、同点に追いついた。試合は2-2で終了した。

「コラソン・クラシック・マッチ」は、レアル・マドリード財団主催のアフリカ支援イベントで、毎年開催されている。今年で5回目を迎え、以前にはミランとバイエルン、マンチェスター・U、ユヴェントスのOBチームと対戦していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る