2014.05.10

シーズン終盤、迫るW杯…セリエAの得点王争いにも注目

得点ランキング上位のテベス、インモービレ、トーニ(左から) [写真]=Getty Images

 セリエAも残り2節。また、ブラジル・ワールドカップに出場する各国代表が続々と発表される中、イタリア代表選出を目指すストライカーもアピールを続けている。

 現在得点ランキングトップはトリノ所属のFWチーロ・インモービレ。2014年に入ってからイタリア代表に初招集された24歳のストライカーは、21得点を挙げている。ユヴェントスが共同保有権を持つインモービレについては、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのバイエルン移籍が決定しているドルトムントが関心を強めていると報じられている。

 2位は19得点を挙げているヴェローナ所属の元イタリア代表FWルカ・トーニ。今季セリエAに昇格したチームに加入した、間もなく37歳の誕生日を迎えるベテランFWは、現在9位に位置して来季のヨーロッパリーグ出場権を争っているチームに大きく貢献。本人はブラジル行きをあきらめていると発言しているが、代表入りはあるだろうか。

 2位タイは、前節に3年連続30回目のスクデット獲得を決めたユヴェントスの攻撃陣を引っ張る元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス。好調を維持して今季19得点を決めているが、アルゼンチン代表には2011年8月に就任したアレハンドロ・サベジャ監督の下で、一度も招集されていない。テベスも「ワールドカップは見ない。家族とディズニーランドに行くんだ」と発言。母国では代表復帰の声も根強いものの、代表招集は難しそうだ。

 今節、インモービレの所属するトリノはホームでEL出場権を争うパルマと、トーニ所属のヴェローナはホームでウディネーゼと対戦。テベス所属のユヴェントスはアウェーで2位ローマと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る