FOLLOW US

古巣相手に2得点…インテルのイカルディ「イチかバチかで蹴った」

古巣サンプドリア戦で2得点を挙げたイカルディ [写真]=Getty Images

 セリエA第33節が13日に行われ、サンプドリアと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。インテルが4-0で快勝し、5試合ぶりの勝利を収めた。2試合連続で先発した長友はフル出場を果たした。

 試合後、インテルのU-20アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 2得点を挙げたイカルディは、「今日のゴールは全て重要だったよ。ロドリゴ(パラシオ)とワルテル(サムエル)が決めたものもね。その全てがチームの勝利に繋がったのだから。僕の2点目は少し際どかった。トラップが難しいボールだったし、イチかバチかのつもりで蹴ったんだ」と、振り返ったうえで、「間違いなく良い試合だったと思う」と、勝利の喜びを語った。

 イカルディは今シーズン、サンプドリアからインテルに加入したが、「僕としては、“マラッシ”(サンプドリアの本拠地の愛称)に戻ってくるのもうれしかった。僕はここでキャリアを始めたし、それを忘れるわけにはいかない」と、話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO